期間従業員の求人情報で気を付けること

期間従業員 求人

正社員や準社員に関わらず、在宅社員や派遣社員など様々な働き方があります。その中でもよく目にする雇用形態として期間従業員があります。期間従業員とは契約社員の製造従業員の事で、正社員と違い働ける期間が決められています。長く働きたいという理由ではなく、休みが取りやすい点や転勤になる事が少ない点などの理由で期間従業員を選択する人はかなり存在します。期間従業員として採用された後に正社員登用を前提として求人を出している会社もあります。会社としても期間従業員を正社員登用することは、初めから採用活動を実施するよりも信頼関係の構築や実力把握が行いやすいので、会社にとってもメリットが大きいのです。期間従業員の求人では多種多様な雇用規定があるので、自分の希望通りの求人を見つけるには幾つかのポイントが重要になってきます。

自分の希望の働き方が出来る期間従業員求人の探し方

期間従業員で働く場合は大手メーカーの流れ作業を担う事が大半で、オーナーシップの強い一般の中小企業より仕事面や雇用面、福利厚生の面に関しては遥かに整っている事が殆どです。期間従業員は月収が高い事が特徴的で、高収入が希望ならば満了慰労金や皆勤手当、入社祝い金や経験者手当が雇用の項目に記載されているかの確認が重要になってきます。20代での就職でも普通のサラリーマンの年収を超えた高収入が期待できます。求人に出ている会社の殆どが寮を完備しているので、家賃が格安か無料の場合もあります。寮の家賃に関しては会社ごとに規定があるので、こちらも事前に確認しておく事が大切になってきます。そして最大のメリットとして、3ヶ月以上働く事が出来れば応募資格がある事にあります。期間従業員で働くには原則35ヶ月の有期雇用が前提なのですが、現在人材不足が重要視されている為応募資格は3ヶ月以上の勤務となっている事が多いです。

期間従業員で働く際のデメリットを知る事

自分の希望通りの働き方が出来る反面、気を付けなければいけないポイントも少なからずあります。まずは契約更新できない場合がある事です。期間従業員は働く期間と決められていて、期間終了後同じ職場で働きたい場合は再度契約を更新しなければいけません。ですが、自分が契約更新を希望していても、会社に契約更新の意思がなければ更新はできません。会社に不満がある場合は辞めやすい環境ともいえますが、同時に会社との関係によっては職を失うというリスクに繋がる事になります。更に、退職する際に退職金が貰えない場合が殆どで、正社員に比べて雇用の安定性が低い為住宅ローンなどの審査に影響が出る場合もあります。期間従業員で希望通り働く際には、デメリットもしっかりと理解した上で求人を探していきましょう。